ソフト闇金における系列店の存在について解説!特徴と注意点とは?

ソフト闇金の利用者の多くは、系列店のないソフト闇金を利用したいと考えております。

この記事テーマは、そんな「ソフト闇金における系列店の存在」です。

この記事では、系列店のあるソフト闇金の特徴や注意点等を詳しく解説しており、記事の最後の項目では、実際に系列店のないソフト闇金をご紹介しております。

系列店のあるソフト闇金を見極め、避けることが出来るようになりますので、是非最後までご覧になって下さい。

系列店のあるソフト闇金の存在

この項目では、系列店のあるソフト闇金の存在について解説致します。

系列店のあるソフト闇金業者ですが、実際に存在します。

そういった系列店のあるソフト闇金では、デメリットも多く出来るだけ避けたいものです。

系列店のあるソフト闇金にはいくつかの特徴と注意点がありますので、以下の項目より詳しく解説していきます。

系列店のあるソフト闇金の特徴

系列店のあるソフト闇金の特徴について解説致します。

その特徴とは、次の2点です。

    1. 公式サイトの内容が似ている
  1. 折り返し連絡をするスタッフの声が同じ

公式サイトの内容が似ている

系列店のあるソフト闇金における1つ目の特徴ですが、系列店同士のソフト闇金業者における公式サイトの内容が似ています。

サイトのデザインやサイト内に記載されている文章が類似したものとなっております。

このような公式サイトの内容が似ているソフト闇金同士は、系列店の可能性が高いです。

折り返し連絡をするスタッフの声が同じ

系列店のあるソフト闇金における2つ目の特徴ですが、申し込みをして折り返し連絡をするスタッフの声が複数あるどの系列店でも同じ場合があります。

これは、電話を受けている場所が同じである可能性を示唆しています。

それら全てのソフト闇金は、同じ運営元である可能性が非常に高く、系列店である可能性も同様に高くなります。

系列店のあるソフト闇金を利用する際の注意点

系列店のあるソフト闇金を利用する際、注意点がありますので解説致します。

その注意点とは、次の2つです。

  1. 無駄な手間と時間が増える
  2. 個人情報が犯罪に使われる

無駄な手間と時間が増える

1つ目の系列店のあるソフト闇金を利用する際の注意点です。

系列店のあるソフト闇金は系列店間で申し込み者の情報を共有しています。

仮に、ある人(以下Aさん)が、系列店のあるソフト闇金で申し込みをしたとします。

Aさんは、ある理由により貸付を断られました。

系列店のあるソフト闇金の場合、Aさんの情報が他の系列店にも共有されます。

そうしている間にもAさんは、貸付を断られた為、別のソフト闇金に申し込みをしました。

しかし、その別のソフト闇金は、最初に申し込みをしたソフト闇金の系列店だった為、再び貸付を断られました。

このように系列店のあるソフト闇金を利用した場合、無駄な手間と時間が増える可能性が高くなります。

特に、急遽お金が必要な時等、こういった無駄な事が増えるのはストレスです。

個人情報が詐欺グループに共有される

次に2つ目の系列店のあるソフト闇金を利用する際の注意点についてです。

系列店のあるソフト闇金では情報共有がされていると上述しました。

申し込みをしたソフト闇金が悪質なソフト闇金だった場合、申し込み時に入力した個人情報により、詐欺に合う可能性が高くなります。

というのも悪質なソフト闇金の場合、系列店として、詐欺を行うセクションを設けている場合がある為です。

具体的には、そのソフト闇金に申し込みをしたことを忘れた頃に、知らない番号から連絡がかかってきて、「懸賞に当たりました!商品を送る為の送料をご入金ください」と言った詐欺です。

そういった詐欺グループへ個人情報が共有されるリスクもある為、系列店のあるソフト闇金を利用する際は、注意が必要です。

系列店のないソフト闇金をご紹介

この最後の項目で、実際に系列店のないソフト闇金をご紹介致します。

ソフト闇金バルーンは、先に解説した「系列店のあるソフト闇金の特徴」には該当しておらず、事実、系列店は存在しません。

さらにソフト闇金バルーンの融資率は、99%の数値を記録しており、その数字からも系列店が存在しないという事が分かります。

お金に困っており、系列店のないソフト闇金を利用されたい方は、是非一度ソフト闇金バルーンへご相談下さい。

Follow me!